世田谷シルク

世田谷シルクとは・・・

2008年立ち上げ。2009年から活動。「くすっと笑えるアート」と称し、

日常生活に突如入り込む奇妙な状況を、時にコミカルに描く。

内容は「時間」を取り扱ったものが多く、本人や残された者にフォーカスを当てた演出をしている。

近年は、野外劇場、児童演劇、国際共同製作など活動が多岐に渡り、

パペットやマスクを使用した作品やノンバーバルコミュニケーションを目的としたサイレント物語など、

セリフと俳優のみの演劇にこだわらない新しい表現を目指している。

受賞歴

2013年  「冒した者」(脚本 三好十郎) 利賀演劇人コンクール 奨励賞 観客賞

2010年 第2回 世田谷区芸術アワード“飛翔” 舞台芸術部門賞(「渡り鳥の信号待ち」)

主な活動

2010年、第4回公演 「渡り鳥の信号待ち」@サンモールスタジオ

2011年、劇団化。えみりーゆうな、下山マリナ、守美樹が加わる。

2012年、冬の三都市はとツアーでシアタートラムにて公演後、札幌、京都で地方公演。ぴあ主催公演PLAYPARK、

福岡赤坂ライオンズクラブ主催公演。

2013年、アトリエ春風舎プロデュースで初のロングラン公演、利賀演劇人コンクールにて三好十郎「冒した者」にて奨励賞、観客賞受賞。

日中韓合同BeSeTo演劇祭と、三重のAゲキシリーズに参加。

2014年、兵庫県豊岡市玄武洞「コウノトリの温泉めぐり」をアーティストインレジデンスとして滞在制作。メンバーを公募、発表。

秋には日本劇作家協会プログラム「赤い鳥の居る風景」(脚本:別役実)を座・高円寺1にて公演。

2016年、瀬戸内国際芸術祭、アヴィニヨン演劇祭フリンジへ参加。