世田谷シルク次回公演


このたび、世田谷シルクでは『 こんこん 』 『  跡  』を上演する運びとなりました。


『こんこん』は、2012年に福岡・東京ツアーにて初演を行なった「Kon-kon,昔話」の改訂版です。
主人公は、仕事に追われるサラリーマン。ある日、男は狐に追いかけられ穴に落ち、
辿り着いたのは昔話に現れるような掘っ建て小屋だった。不思議な世界に迷い込んでしまった男は、
日本昔話から飛び出てきたような人物たちと次々に出会う。現代に帰る方法を模索する男だったが、
昔話の主人公のような体験をしながら、気付けば仕事に忙殺されていた日々を忘れ自由を満喫していた。
現代と昔、現世と前世、交差する時空と運命に翻弄されながら、男が辿り着くのは・・・!?
(上演予定時間:80分)

『跡』は新作のサイレント演劇になります。舞台は男の一つの部屋。
そこで男の“生まれてから死ぬまで“を上演します。観客は、彼の日常、そして人生の節目に起こる、劇的な瞬間を垣間見ます。
(上演予定時間:30分)

これらは、首都大学東京の学生さんに技術協力をしていただき、実現することになりました。
関内のさくらWORKSというイベントスペースを使い、2本を一つのパッケージとして上演いたします。ぜひご鑑賞ください。


稽古場ブログ更新中!
http://ameblo.jp/silk-watari/


 

チラシをクリックするとpdfの拡大チラシが表示されます。




■TPAMフリンジ参加作品  世田谷シルク公演
『こんこん』 『跡』(2作品同時上演)

脚本・演出・振付 堀川炎  振付 下山マリナ

・『こんこん』 出演・・・ 岩田裕耳(電動夏子安置システム)            

・『跡』出演・・・ 伊藤毅(青年団)、堀川炎(世田谷シルク)

・『こんこん』  『跡』出演・・・
前園あかり 春木真里奈 武井希未(以上、世田谷シルク)
佐藤優子 柿の葉なら 多賀谷まつりか 角田悠 大河原真奈


<上演時間目安>
『こんこん』 ・・・約80分
『跡』・・・約30分

*途中、約10分の休憩を予定しております。



■チケット情報
前売3,200円  当日3,500円
プレビュー割引(11-12日、前売りのみ)  2,800円 

TPAM割引(枚数限定) 2,800円 割引価格でご提供!
https://www.tpam.or.jp/2017/?program=setagaya-silk
*TPAMへの参加登録が必要となります。


2016年12月3日(土)10時 チケット発売開始



■お問い合わせ
info(*)setagaya-silk.com (*)を@に、ご変更ください。



■公演日程
2017年2月
11日(土)18時
12日(日)13時/18時
13日(月)19時30分
14日(火)14時/19時30分
15日(水)休演日
16日(木)14時/19時30分
17日(金)14時/19時30分
18日(土)13時/18時
19日(日)14時 

開場は開演の30分前です。



■場所 さくらWORKS(横浜 関内)
〒231-0012横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F
JR関内駅より徒歩5分、みなとみらい線馬車道駅より徒歩5分
 
http://sakuraworks.org/access/



■スタッフ

舞台監督 土居歩
音響 佐久間修一
照明 阿部将之(LICHT-ER)
舞台美術協力 坂本遼
イラスト 国本花織

演出補 海野広雄(オフィス櫻華)
演出助手 あおのゆきか、大迫健司、斎藤友紀子
制作 浅野かさね、藤井優果
協力 青年団、オフィス櫻華、電動夏子安置システム、LICHT-ER、六尺堂、
アイリンク株式会社、株式会社A-Light、TPAM2017、横浜コミュニティデザイン・ラボ

技術協力 首都大学東京 今間俊博、等々力菜月、片山めぐみ、土部晴香、西村祐希、角川香菜子、山田梨紗、古荘冴佳

主催 一般社団法人 tokyo sisters



■チケットご予約

https://ticket.corich.jp/apply/79385/000/


[PR] 人事コンサル 訪問看護 訪問看護 江東 訪問看護ステーション